ぶろぐ 灯香のいいわけいっぱい

Tuesday. 17 September 2019

10月10日は、「浅草たまる」オープンです!

谷中銀座に「占い処 たまる」を設けて、もうすぐ2年が経ちます。

そして、来月10月10日から、浅草にも占い処「浅草たまる」を一席設けることになりました。

 

 

 

谷中の占い処たまるには、占い師の席が1つしかありません。

土日など、普段会社にお勤めの占い師さんたちが、3人、4人と申請してくださるのですが、いつも一人だけしかお願いできないので、心苦しく感じておりました。

もう一席あればなぁ……、そんなことを思い始めたころ、タロットの生徒さんに浅草の方がいらして、

「だったら、うちのお店の前でいかが?」と言ってくださったのです。

 

場所は、今年の夏から時々座らせていただいていた、南部そば「十和田」さんの店先。

雷門から浅草寺のほうを向かって一本右手に「観音通り」があります。

その観音通りを入って、アーケードが終わると「メトロ通り」になります。

その通り、右手に「南部そば 十和田」のお店があります。

 

灯香は実はうどん派(埼玉北部は昔、うどんが主食でした)なのですが、

ここのお蕎麦はとても美味しくいただけます。

青森県南部のお蕎麦だからかな?灯香は子供の頃の4年間、青森に住んでおりました。

 

谷中も浅草も、どちらも観光地で、どちらも下町。

父は谷中から東に歩いて15分くらいのところで生まれました。

私は谷中から西に歩いて15分くらいのところで小学校時代を過ごしました。

そして毎週のように連れてきてもらった浅草は、父や兄との懐かしい思い出がいっぱい。

 

そうそう、学生時代にツアーガイドの勉強をしているとき、

初めて現地研修を担当したのも浅草でした(六角堂って井戸がメイン。地味)

 

今、散りばめられた人生の伏線を、楽しく発見しております。

 

あーんなことや、こーんなことがあって、

でも、振り返ると、これといった苦労もなく、

占い処はスルッとオープンとなります。

 

なんで10月10日かというと、お店もちょうどリニューアル。

その工事が終わって、リニューアルオープンが、10日なのです。

若女将が「10日は灯香さんの日」と言ってくださって、

オープンの2日間、10日、11日は、私が出演させていただきます。

(というわけで、その時には写真の十和田とは、ちょっと外観異なるはず)

 

「2場所あれば、ご申請の占い師さんに2倍出ていただける!」

と大喜びの私ですが、

「あれ? でも、そうすると逆にちょっと足りない!」

と焦ってもいる私です。

 

もしよかったら、1回だけでもかまいません(たまるってそんな処)、

谷中/浅草で、対面占いしてみませんか?

占い師の皆様、よろしければご連絡くださいませ。

tokatorch@gmail.com

 

 

コメント※コメントは承認後に表示されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください