ぶろぐ 灯香のいいわけいっぱい

Saturday. 22 May 2021

あなたに似合うタロットカードを見つける前に知っておいてほしいこと

あなたのお気に入りのペンってなんですか?

私は擦って消せるボールペンの0.5ミリ。
年賀状を書くときは、K社の筆ペンが好きです。

って、なんでお気に入りのペンの話を聞いたかというと・・・・。
「タロットの選び方を教えてください」と聞かれたから。

タロットの選び方って、実はペンと似ています。

 

まずその前に、この短い質問には、3種類の意味があることに
あなたはお気づきでしょうか?

それによって、この質問の答えは違うのです。


①どのタロットを習うべきか

タロットと一口にいっても、ウエイト版、マルセイユ、トート、等々。
種類多いうえに、それぞれに結構意味や扱い方が異なります。
さらに質問する人によっては、オラクルカード(タロットカードではありません)も含まれていたりして。

それに加えて滅多に言わないけれど、さらにこんな希望も含まれています。

🔯いったいどれが一番当たるの?

🔯いったいどのカードが一番楽に覚えられるの?

🔯どのカードが、占っていてかっこいいのかなぁ?

的な。

みなさんの手元には、どんなカードがありますか?
そしてそれを選んだ動機はなんでしたか?

 

②同じウエイト版あるいはマルセイユ版だとしても、
 そのうちのどれを選ぶべきか

すでに購入する種類は決めていて、後はネットでポチッとするだけ!

ところが、「ウエイト版、タロットカード」と検索すると
あれもこれもと山ほど出てくる。

魔女のカードはミステリアス、猫のカードは可愛い。
人気の占い師が作ったオリジナルカードもあったりして。

そのうち、ウエイト版なんてどうでもよくなって・・・
いろいろポチっちゃう。

これ、大きな書店で時折やってる、「タロットフェア」でも
似たような光景が繰り広げられます。

うんうん、私もついつい2、3デッキ、手に持ってるわ!

 

③同じ種類のカードで、何が自分に合っているのか

店頭に同じデッキが5組並んでいるとします。

さて、その中から、自分が買うべきなのはどれ?
という意味らしい。

この質問をする方は少ないけどね。時々いらっしゃっいます。
そして、この気持ち、わかります。

ほら、ペットショップでブラウンのトイプードルが3匹いたら、
どの子が運命の子か、しっかり見極めたいじゃない?

犬ならば、目が合った、スタッフさんに最初に抱っこさせてもらった、目の前でくーんって鳴いた、とかいろいろなサインを汲み取れるのだけど、タロットデッキは静かに並んでいるだけで・・・・わからない!的な。


 

こんなふうに、人それぞれ。

同じ言葉でも、よくよく聞いてみないと、どのレベルで質問しているのか、
時にわかりません。

特に①の質問の場合は、プロになりたいのか、興味本位でなのか、
目指すところをしっかりと聞きたいところです。

さらに、その人の個性も知りたいところです。
どのカードが似合うのか、ある程度、傾向がわかります。

・・・・・・・・・・・

ずっとウエイト版を勉強しているけれど、何年たっても身につかない。
そんな方がいらっしゃいました。

そこでマルセイユ版を教えたら、
「やっと自由に息ができるような気がした」
と言われたことがありました。
ウエイト版が似合わない方だったんです。

その方は、何年も遠回りをしたとおっしゃいました。

・・・・・・・・・・・

本当にそうでしょうか?

いいえ、けっして遠回りではありません。
私は彼女に違うペンを持たせただけ。

彼女はそれまで、和紙に万年筆で文字を書いていたのです。
私はただ、彼女に筆ぺんを差し出しただけ。

「これこれ、書きやすい!」って感じた彼女。
それは、素直にペンを受け取ってくれたのはもちろんですが、
何よりも、彼女が万年筆で書きづらくても、頑張っていたに他なりません。

万年筆でも、文字を覚え、ハネや止めを習い、句読点の入れ方を
身につけてきたのです。

 

ところが、どんなペンを差し出しても、受け取らなかったり、
受け取ってもすぐに書くのをやめてしまう方が、結構多い。
毛筆で書くべき和紙に、鉛筆、ボールペン、万年筆、などなど、
いろいろなペンで試し書きをしていいるのです。

試し書きだから、書きやすさのチェックだけ。

ほら、文具店のペン売り場に備え付けてあるメモ用紙みたいに。
文字を書かずに線ばかり描いていて、文字や言葉を練習していないのです。

心のどこかで「毛筆で書いたらきっと書きやすい」」とわかってます。
でも、難しそうだから手にとらない。

「今度はサインペン、なんか書きづらい、次はマーカーペン…。今度こそ」って、ただただペンを変えていく。

ねぇ、そのペンでいいからさ、、書きづらくてもいいからさ、
まず、「あ」って書いてみましょうよ。
ひらがなの書き方、教えますわ。

そんな方が最後に辿り着きがちなのが・・・
オラクルカードです。私もよく使うカードです。
このカードをペンに例えるならクレヨンです。
柔らかく和紙にも線がひけます。
でもね、クレヨン画なんです。

Bright multicolor header banner background. Striped vector copy space design element.

クレヨンで愛や希望は描いてみせられますが、そこまでなんです。
(逆にそうしたことは、クレヨンが最高に素敵)

でも、具体的な行動変容をアドバイスを伝えるのは大変。

1時間5万円払った占い師から、クレヨン画をもらったら納得できますか?
でも、予算見積書、計画書、行動の有効性、他社カタログなどが揃った分厚い企画書ならば、納得できますよね。

筆でなくてもいいんです。筆ペンで。
筆ペンが苦手だったら、マジックでも大丈夫。

それならなんとか和紙に文字がかけます。

安易にクレヨンでお絵描きすることに逃げないで、
まずは「あ」って文字から書き始めませんか?

 

そうそう、それぞれの答えに回答してませんでしたね。
それぞれのシチュエーションで回答は多少異なりますが、

①は、そのカードを使う目的次第

3+3が絶対に6でないと許せない人は、ウエイト版(ライダー版ともいいます)がいいかしら? 何もわからない方は、手始めに正統派のウエイト版がおすすめ(黄色い箱に入っていることが多いです)。解説書も多いし、しっかり覚えてしまえば、デザインが違っても、ウエイト版ならその知識をそのまま使えますので、その先②が楽しめます

マルセイユカードは、3+3=鳩、でもかわまない方にぜひ使っていただきたい。あ、鳩じゃなくて、ぼた餅でも、なんだってかまいません。

オカルトとか四大元素とか、そんな歴史的なことも含めてお好きな方は、トートカードやカモワンカードが似合うのかしら? どちらも私はちょっとしか知らないけど。

②と③の答えは・・・・①が決まっているうえで、「カードの背(それぞれに違う絵柄ではないほう)を見つけて選んでください」です。

 

大切なことなので、繰り返し言わせてください。

小学生のときを思い出して
鉛筆で白い紙に、何度も何度も「動、動、動、動作、行動、動き・・・」って書きませんでした?
タロットも同じです。道具はなんであれ、まず1つをしっかり学んでいきましょう。なかなか自分に似合うペンが見つからない場合もあるでしょう。でも、多少の書きづらさを耐えて、真剣に意味を覚えて、何度も何度も占ってみてください。

実はこれ、タロットカードの範疇に限らず、占術全般にも言えるんです。

タロットがダメなら占星術、占星術が難しくて、気学。気学を使いこなせなくてルーン。ルーンだとピンとこなくてオラクルカード。

占いスクールの放浪者。

あちこちのタロット教室や占い学校を試したりして。

 

でもね、それらも決して無駄にはなりません。
いつかふっと、自分の手にあったペンが見つかるように、
自分にあったカードが見つかるでしょう。

その時に、線を描くだけでなく、「あしたのうんせい」って言葉がすぐに書けるようになっているといいと思います。

真っ白でたおやかで自然で丈夫、あなたの心の和紙にピッタリと合う、そんなペンにいつか出会えますように。

コメント※コメントは承認後に表示されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください