ぶろぐ 灯香のいいわけいっぱい

Monday. 22 August 2022

近法報告・・浅草占い館オープンまでのいろいろを徒然に

久しぶりにブログを更新しています。

昨年の11月ぶりです。。。

久しぶりすぎて、ソフトがアップデートされて、

使い方がなかなか使い方がわかりません。

ブログ入力に四苦八苦です。

ブログ更新サボっていた言い訳ったらなんですが、

昨年12月に母が亡くなって、そこから怒涛の日々が始まりました。

いえ、法事関係ではなく、浅草占い館関係で……

それは母の七七日(しじゅうくにち・と読むのよ)が終わった1月末のこと。

私は浅草のお蕎麦屋さんの横に占い処「たまる」を置かせてもらっていますが、

そのお蕎麦屋さんのご親戚の方から、見世の裏通りに占い館を出さないか、という打診が!

大きな物件でよい場所にあるのですが、良すぎて広すぎて、なかなかテナントが入らない。

借りてくれる企業が見つかるまで、という条件でした。

その企画やら準備やらが、意外と大変だったのです。

初めはいろいろな業種が集まってスタートする予定でした。

占い、エステ、ネイル、カフェ、イベント、ヨガ、化粧品販売・・・

でも、オーナーさんとの仲介役の方と私と、正確な情報交換ができなかったり、

なかなか進まなかったのです。

そんなこんなで一人、一人と離脱して、最後に残ったのは、私の占い処だけ。

声を掛けた占い師さんたちも、待ちきれなくて消えていきました。

この半年で、普通ではできない想いをいろいろ味わいました。

それは、私の人生でとても大切なものになりました。

新しいことを始められずに、消えてしまった方々に、

こんな共通点があることに気づきました。

——-

⭐️誰かが何らかのレールを敷いてくれると思ってる

⭐️完璧な形でないと始められない

⭐️やったことがないことはひたすら怖い

——-

特に昭和生まれの女性は男性主導で生きてきたから、

男性の指示がないことは、勇気がなくて動けなかったりする。

レールを引いてくれて、完璧(そうに見える)場を作ってくれて、

マニュアルがあったり、説明があったり、

私がそうだったから。

いろいろあって、40歳くらいで、

「背広男性でも自分よりおバカさんな人がいっぱいいる」

と突然気づいたのよ。おっそいけどね。

平成生まれはもっと早く気がつけるんだろうなぁ。

令和生まれは、男女同権が当たり前になってるといいなぁ。

さて、この占い処コアディヴィネーション。

隠しコンセプトに、自信と自由と自立があります。

「今日は大雨だからどうしたらいいですか?」……自分で決めて

「私、今日、売り上げが2000円なんですけど、何とかしてください」……自分で考えて

「今日体調悪いのですが、最後までいなきゃだめですか?」……え? 私が決めるの、それ?

SDGsで、女性の地位が先進国最低なのは、もしかしたら女性自身のせいかもしれない。

さて、大手企業が借りたら撤退する約束、、、でもね、みなさん、お忘れでは?

ここに集うのは占い師。皆さん、いつまでいられるか、くらいは、ねぇ。うふふ。

コメント※コメントは承認後に表示されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください